Deep Quartet

AI創薬プラットフォーム

AI創薬プラットフォーム Deep Quartetは、深層強化学習の技術である(1)Deep Reinforcement Learning、ファーマコフォアモデルを用いるソフトウェア(2)LigandScout、網羅的なターゲット予測を可能とする機械学習ベースの技術(3)CzeekSを組み合わせた一連のフローであり、ここに製薬企業各社の(4)メディシナルケミストの知見を加えることで、Quartet(四重奏)によるAI創薬プラットフォームを実現するという意味を込めています。

技術の一部は以下の論文に掲載されています。

Chemical and Pharmaceutical Bulletin(Chem. Pharm. Bull. 68, 227–233 (2020))

創薬ワンストップサービス

AI創薬によるドラッグデザインから実合成まで提供します。インテージヘルスケアらのAI創薬プラットフォームDeep Quartetにより、新薬の化学構造を提案し、連携する合成会社にてメディシナルケミストリーの視点で評価、実合成を行います。AIによる新規化合物デザインから実合成までの、切れ目のないサービス提供を行っています。

創薬ワンストップサービスの流れ

委受託・共同研究による技術活用

研究開発案件にDeep Quartetを活用したい場合はご相談ください。既知リガンド数や活性状況、標的の構造情報の有無などの詳細状況によりDeep Quartet の適用と実施計画について検討させていただきます。

技術導入・サポートサービス

Deep Quartetを社内環境で実践するため、技術導入をサポートします。

✔ Deep Quartet の技術導入プロジェクト(3~6か月)
✔ Deep learning関連の最新技術のキャッチアップ
✔ 年間を通した技術情報の共有、最新スクリプト提供

In silico創薬支援についてのお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする